理想的な賃貸物件をお探しの方に大宮で評判の高い賃貸不動産会社の情報をお伝え します!

メゾネットタイプってどんな物件?特徴やメリットなどを解説!

公開日:2022/05/15  最終更新日:2022/06/14


賃貸物件を探していると、間取りにメゾネットタイプと書かれたものがあります。メゾネットタイプとは一体どのような特徴の間取りなのか、今ひとつわからない。という人に向けて、その特徴やメリットとデメリット、また、メゾネットタイプの物件を内覧する際にチェックするポイントを解説します。

メゾネットタイプの物件とは

物件にはさまざまな種類があります。メゾネットタイプとは、2階以上の階数で構成されている部屋のことです。一般的な集合住宅でありながら、部屋の中に階段が設置されており、上階も居住できる部屋になるので、一戸建てのような特徴があります。一般的にワンフロアで構成されているアパートやマンションなどの集合住宅は、フラットタイプと呼ばれており、メゾネットタイプは上階に居住できる部屋があることから、フラットタイプと対になる形で、メゾネットタイプと呼ばれています。

メゾネットタイプはロフト付き物件と間違えやすいので、その違いを説明します。ロフトは部屋のなかに階段が設置してありますが、ロフトの部分は高さが低かったり、窓が無いなど、建築基準法を満たしておらず、居室として認められていません。あくまでもロフトは屋根裏部屋のような扱いとなるので、ロフト付き物件と呼ばれているものは、メゾネットタイプとは違うものとして分類されています。

メゾネットタイプのメリット

メゾネットタイプの物件には多くのメリットがあります。まず、フラットタイプのアパートやマンションと違い、階層によって生活スタイルをわけて管理ができる点です。たとえば1階をリビングとして使い、2階は寝室にしたり、子どもや家族の部屋として使うことで、一戸建ての雰囲気を味わいながら生活ができます。階層で仕切られていることからプライベートな空間も作りやすく、仕事の都合で生活時間が異なる家族と同居していても、お互いにストレスをあたえることもありません。

また、子どもがいる家庭では子どもの足音や騒音が気になりますが、メゾネットタイプでは、騒音トラブルの心配も少ないという特徴があります。上階がある分、開放的な設計がされている物件も多く、1階と上階に窓やバルコニーがついていたり、採光もとれた明るい空間設計も特徴のひとつです。

最後に、収納スペースが多いというメリットもあります。階段の裏などの、本来はデッドスペースとなってしまう部分を収納スペースとして、活用している物件も多くあります。

メゾネットタイプのデメリット

メゾネットタイプの物件にもデメリットはあります。メゾネットタイプの最大のメリットの上階がある、という点にはデメリットの要素も含まれているのです。まず、上階があるため、階段を利用することで、生活動線が長くなります。たとえば、洗濯物を干す際に、フラットタイプであれば、ベランダまでの距離も遠くはありませんが、上階にベランダやバルコニーがあるメゾネットタイプの場合は、階段の昇り降りが加わり、労力が増します。掃除に関しても上階がある分、フラットタイプより手間がかかるでしょう。

また、階段の幅次第では、上階に家具や家電を設置することが出来なかったり、設置をするのに苦労することもあります。子どもがいる家庭においては、子どもが階段から転落しないように、注意しなければなりません。また、メゾネットタイプは上下に空間があるため、冬は下の階が寒く、夏は上の階に熱がこもってしまうなど、階層ごとで温度差が出ることもあります。そのため、物件によっては冷暖房が効きにくく、光熱費が余分にかかる心配もあります。

メゾネットタイプの内覧時のポイント

メゾネットタイプの物件を探す際は、必ず内覧を行い、事前に確認をしておくポイントがあります。まずは、メゾネットタイプの一番の特徴である、階段回りを確認することをおすすめします。階段の幅が狭すぎないか、傾斜はきつくないか、階段との相性を確認しましょう。また、階段裏に収納スペースがあると、生活するうえで助かることも多いため、確認しておくことをおすすめします。

また、間取りの生活動線が使いやすいかどうかも重要です。同じフロアにリビングやトイレ、洗面所などの設備がまとまっていれば、動線はスムーズで、家族以外の来客があった際も柔軟に対応ができます。水回りも重要なポイントで、1階か上階のどちらに設置されているのか、もし上階に水回りがあれば、その真下の部屋の騒音が気になるかどうかも確認しておくと安心です。子どもがいる家庭では、上階での足音などの生活音が1階にどの程度まで影響するかもチェックしておけば、住み始めたあとで後悔することはないでしょう。

 

メゾネットタイプは、集合住宅でも一戸建ての雰囲気を味わうことができて、おしゃれな印象もある間取りです。1階と上階で、家の役割をわけておくことで、家族の生活空間や時間を作ることができるので、よりよい生活を送ることができるかもしれません。しかしながら、メゾネットタイプにも、少なからずデメリットはあるので、良い点と悪い点を見極めたうえで、メゾネットタイプの間取りを検討してみてはいかがでしょうか。

さいたま市(大宮)の賃貸不動産会社の一覧

イメージ
会社名リロの賃貸大宮本店
レックス大興
ハウスコム株式会社株式会社アップル(アパマンショップ)株式会社エイブル株式会社タウンハウジング
1975年創業。2015年に東証一部上場のリログループ入り!何から何まで気の効く業者賃貸に特化したサイトも立ち上げる会社信頼性の高い、有名賃貸不動産業者年間約18万件の集客力を生かした業者
詳細リンク詳細はこちら詳細はこちら詳細はこちら詳細はこちら詳細はこちら

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧
【エリア別】おすすめ不動産紹介