理想的な賃貸物件をお探しの方に大宮で評判の高い賃貸不動産会社の情報をお伝え します!

安くて住みやすい賃貸物件の探し方!注意点と避けるべき物件の特徴も解説

公開日:2023/07/15  最終更新日:2024/02/20

考える

賃貸物件に住むと毎月の固定費として家賃が発生し、出費のなかでも一番ウエイトを占めています。家賃が安くて自分にとって「住みやすい」物件を見つけることで、生活がより豊かになるでしょう。今回は安くて住みやすい賃貸物件の探し方から、物件選びの注意点や契約すべきでない物件の特徴を解説していきます。

安くて住みやすい賃貸物件の探し方

安くて住みやすい賃貸物件を見つけるためには、情報収集が欠かせません。では、どのようなポイントで賃貸物件を探せばよいのでしょうか。自分好みの安くて、住みやすい賃貸物件の探し方を説明します。

地域の家賃相場を知る

エリアによって家賃相場が違うため、その相場を知ることで、気になった物件が相場よりも家賃が高いのか安いのか比較しやすくなります。高いには高いなりの理由が、安いにはそれなりの理由があります。

理由を知ったうえで、妥協できる部分であれば、お得に希望のエリアに住むことができます。

検索条件は幅を持たせる

自分の希望条件にこだわりすぎると、選択できる物件が限られてしまいます。駅からの距離や間取りなどの条件については、少しゆとりを持たせて検索することで、より多くの安くて住みやすい物件を見つけられます。また、譲れない条件やあればよいと思う条件など、優先順位を付けて探してみるのも1つです。

不動産会社の閑散期に探す

不動産会社にも、繁忙期と閑散期があります。繁忙期は、春先の新生活前の2月から4月や、転勤シーズンの8月から9月です。この時期は人気の物件が早めに埋まり、家賃も高く設定される可能性があります。

一方、閑散期には物件の空室が増え、需要が少ないため、大家も家賃を引き下げることがあります。閑散期に物件を探すと、よりよい条件の物件を安く見つけられる可能性があります。

なぜ家賃が安い?物件選びの注意点

家賃が安いのには、必ず理由があると思っていて間違いはありません。では、なぜその賃貸物件は家賃が安いのか、物件選びの注意点を知っておく必要があります。自分が許容できる内容であれば大丈夫ですが、入居後の思わぬトラブルを避けることもできるので、しっかりと把握しておきましょう。

間取りに特徴がある

特殊な部屋の間取りになっている場合は、相場よりも家賃が安くなる傾向があります。柱や扉が、生活の中で邪魔になる間取りがその一例です。冷蔵庫のスペースが台所でなくリビングにあったり、洗濯置き場が室外や室内であっても動線が不便なこともあります。

また、間取り図だけを見るだけなく、自分の持っている家具が入るのか調べてみましょう。

立地条件と家賃は関係している

物件の近くに鉄道や高速道路があると、電車や車の音だけでなく、振動が室内にまで響いてきます。近くに墓地や歓楽街があるなど、治安の面で不安に思う人が多い立地は、人気がないため家賃が安い傾向にあります。

気になるかどうかは実際に見てみないと判断できないことなので、周辺地図や実際に内見に行って確認が必要です。

築年数が古い

築年数の古い物件は人気がなく、借主が見つかるまでに時間がかかるので、家賃が安くなりやすいです。しかし築年数が古いからと言って、内装も古いとは限りません。最近では、耐震工事やフルリノベーションを施工している物件も多いので、実際に内見することをおすすめします。

家賃以外の出費が高い可能性がある

賃貸として住むためには、家賃以外にも管理費や共益費が必要で、その費用が高い可能性があります。大家のなかには、家賃はエリアの中でも安くして、管理費などで帳尻を合わせようとしているケースもあります。不動産会社には、管理費込みの予算を提示してもらうようにしましょう。

事故物件の可能性がある

希望するエリアの家賃相場より極端に安い場合には、事故物件である可能性があります。事故物件には明確な定義はありませんが、過去にその部屋で事故や事件があったり、誰かが亡くなっている場合があります。このような事象があった場合には、不動産会社は入居者に伝える義務があるので、確認しておきましょう。

安くても契約すべきでない物件の特徴

どんなに安い賃貸物件であっても、住んでいるうちに契約しなければよかったと後悔するのは避けたいです。入居後のストレスの原因にならないように、契約すべきでない物件の特徴を理解しておきましょう。

築年数や建物の状態

古い建物やメンテナンスが行き届いていない物件は、将来的に修繕や設備のトラブルが発生する可能性が高いです。安い家賃は魅力的ですが、修理費用や生活の不便さが、長期的に負担となることがあります。内見のときには、共有部分であるゴミ捨て場や外壁などを確認しましょう。

不便な立地条件

家からのアクセスや周辺環境も重要な要素です。たとえば、交通の便が悪く、通勤や買い物に時間や費用がかかる場合や、周辺に必要な施設やサービスが不足している場合は、日々の生活に不便を感じてしまいます。

安全性の問題

犯罪率の高い地域や治安の悪いエリアでは、安くても住みにくいと感じることが多いです。繁華街や深夜まで営業している居酒屋が多いエリアは、精神的に不安な日々を送ることで、体調を崩してしまう可能性もあります。

物件内の住民の民度が低い

住民の民度が低いと、生活の質や安全面に影響を及ぼす可能性があります。たとえば、騒音やトラブルの発生、ルールやマナーの無視などが挙げられます。民度が低い住民が多いと、居住環境が悪化して、ストレスや不快感を感じることがあります。また、コミュニティの結束力や安心感も減少するかもしれません。

まとめ

安くて住みやすい賃貸物件を見つけるための方法や注意点、さらには避けるべき物件の特徴について詳しく解説しました。安い賃貸物件には安い理由がどこかしらにあるので、実際に内見したり不動産会社に問い合わせることが必要になります。

自分の住みたいエリアの相場や雰囲気を知るためにも、希望を伝えるためにも不動産会社に足を運んで、安くて住みやすい賃貸物件を探してみてください。

さいたま市(大宮)の賃貸不動産会社の一覧

イメージ
会社名リロの賃貸大宮本店
レックス大興
ハウスコム株式会社株式会社アップル(アパマンショップ)株式会社エイブル株式会社タウンハウジング
1975年創業。2015年に東証一部上場のリログループ入り!何から何まで気の効く業者賃貸に特化したサイトも立ち上げる会社信頼性の高い、有名賃貸不動産業者年間約18万件の集客力を生かした業者
詳細リンク物件情報はこちら物件情報はこちら物件情報はこちら物件情報はこちら物件情報はこちら

おすすめ関連記事

サイト内検索
賃貸の豆知識