理想的な賃貸物件をお探しの方に大宮で評判の高い賃貸不動産会社の情報をお伝え します!

賃貸物件の生活音が気になる!防止策・対処法は?

公開日:2023/02/15  最終更新日:2024/02/20


賃貸物件はアパートやマンションといった共同住宅がほとんどですが、自分の生活音や周囲からの音が気になるという人も多いのではないでしょうか。周りの部屋に迷惑がかからないようにすることも賃貸物件に住むうえで大切です。今回は賃貸物件で発生する生活音と対策方法、物件選びのポイントまで解説するので、ぜひ参考にしてください。

生活音は意外に大きい?生活音の種類とは

アパートやマンションなどの賃貸物件に住んでいくうえで生活音に配慮することは大切です。どうしても生活音は発生してしまいますが、時間帯に気をつけるなど、下の階や隣の部屋の人に迷惑をかけないようにしたいところです。

まず、周囲へ配慮するために生活音について詳しく理解しておくとよいでしょう。音には空気を伝播していく空気音と固体を伝播して発生する固体音の2種類があり、生活音には主に以下のような例が挙げられます。

家電などの機器

家電で騒音までに発展するのは掃除機や洗濯機が挙げられます。洗濯機は稼働中の振動音が下の階に響いてしまう可能性があり、掃除機は運転中の音が大きくなりがちです。機器によって空気音になるものもあれば、固体音となるものもあります。

エアコンやトイレの設備

ドアの開け閉めや給排水の音など、エアコンやトイレなどの住宅設備による生活音も挙げられます。

音響機器

テレビやスピーカー、楽器による生活音は空気音に部類され、音量によっては迷惑になってしまいます。

足音や会話

部屋を歩く時の足音や会話の声も音の大きさによっては迷惑になってしまいます。

そのほか

上記以外の例として、ペットの鳴き声や車のエンジン音なども挙げられます。

自分の部屋でとくに防音対策すべきところは?

前述のとおり生活音はたくさんあり、すべてを完璧に防音することは難しいでしょう。また物件自体の構造次第で防音性も左右されるため、自分の対策だけではどうしようもない部分があるのも事実です。しかしながら、周囲に迷惑をかけないように以下の部分に防音対策をするとよいでしょう。

床は足音や家具の移動などによる振動音が響いてしまうため、対策箇所として挙げられます。とくに賃貸物件の高層階に住む人は気になる箇所となるでしょう。簡単な対策として挙げられるのが、厚いカーペットや絨毯を置くことです。

次に対策できる箇所として窓が挙げられます。ガラスは音を通しやすいという性質を持っていますが、サッシを二重にすることで防音性が高まります。またカーテンを厚手のものにすることも防音対策となり得ます。

ドア

ドアの構造は壁と比較すると薄くなっており、隙間があることから音が漏れやすくなっています。自分でできる対策としては防音テープなどで隙間を埋めることです。

周囲の音が気になる!そんなときはどうする?

自分の部屋の防音対策をしても、周囲の音が気になってしまうという人もいるかもしれません。とくに気になる人は賃貸物件を探す際に部屋の防音性にも注意しておくと、契約後に後悔してしまうことを防げます。しかしながら、隣の部屋が空室でない限り防音性を確認することは難しく、事前のチェックには限界があります。

そこで入居後に周囲の音が気になってしまう場合の対策として、防音グッズの導入を検討しましょう。防音グッズにはさまざまな種類がありますが、身近なもので行くと防音マットがあげられるでしょう。また、防音仕様のカーテンもあるなど、調べてみると色々な種類の防音グッズがあるため、導入できるものを検討しましょう。

ストレスにならない物件選びも重要!

防音対策をどれだけ施しても周囲の音が気になってストレスに感じてしまう可能性があります。賃貸物件を選ぶ際には、防音性も考慮することが重要です。防音性に考慮した物件選びのポイントは以下のとおりです。

周囲の環境チェックをする

建物の設備の防音性をしっかり確認しても、物件付近の建物や工場などの騒音といった想定外の騒音が発生する可能性があります。できる限り平日と休日の曜日や時間別に分けて、物件の周辺に騒音などの問題がないかチェックするとよいでしょう。

隣の部屋の配置をチェックする

たとえば自分の部屋の寝室が隣の部屋のリビングと接している場合、隣からの生活音が気になってしまうというケースがあります。物件選びの段階で不動産会社に依頼して、隣の部屋の間取り図もチェックすることをおすすめします。

内窓を設置する

空気音は窓の隙間から入ってくるため対策を施したい箇所ですが、賃貸物件は勝手に窓を変更できません。物件選びの際に遮音性の高い窓を採用しているところを探すか、内窓を設置する方法が考えられます。

まとめ

今回は賃貸物件の生活音について解説しました。生活音には空気音と固体音の2種類があり、家電や住宅設備、足音や会話などのさまざまな要因で発生します。自分の部屋では床や窓、ドアといった部分に防音対策をするとよいですが、それでも完璧に防げるわけではありません。また周囲の音が気になる場合もあるため、防音グッズを導入するといった対策も必要となります。生活音がストレスに感じてしまう人は、物件選びの段階で防音性に着目して探すことをおすすめします。

さいたま市(大宮)の賃貸不動産会社の一覧

イメージ
会社名リロの賃貸大宮本店
レックス大興
ハウスコム株式会社株式会社アップル(アパマンショップ)株式会社エイブル株式会社タウンハウジング
1975年創業。2015年に東証一部上場のリログループ入り!何から何まで気の効く業者賃貸に特化したサイトも立ち上げる会社信頼性の高い、有名賃貸不動産業者年間約18万件の集客力を生かした業者
詳細リンク物件情報はこちら物件情報はこちら物件情報はこちら物件情報はこちら物件情報はこちら

おすすめ関連記事

サイト内検索
賃貸の豆知識