理想的な賃貸物件をお探しの方に大宮で評判の高い賃貸不動産会社の情報をお伝え します!

賃貸の床に傷をつけてしまったらどうなる?対処法など

公開日:2021/09/15  最終更新日:2021/07/06


賃貸物件のため床を傷つけないようにと注意をしていても、家具の移動の際やアクシデントにより傷がついてしまうことがあるでしょう。ここでは、賃貸物件の床に傷をつけてしまったら修繕費用はどうなるのか?何をすればよいのか?という点について解説します。床に傷をつけてしまうのは誰にでもあることのため、落ち着いて対処しましょう。

賃貸の床に傷をつけてしまうとどうなる?

賃貸物件の床に傷をつけたり、傷を見つけたりしてしまったとき、その傷の修繕費は必ずしも借主(家を借りている人)が支払わなければならない、というわけではありません。賃貸物件の修繕に関する契約内容は、国土交通省が定める「原状回復をめぐるトラブルとガイドライン」が基準となっていることがほとんどです。今回はこのガイドラインを参考に、床を傷つけてしまったときの借主の負担について確認していきましょう。

借主の過失による床の傷は修繕費用を負担しなければならない

まずは、どんな床の傷が借主の負担となるかをみていきましょう。「原状回復をめぐるトラブルとガイドライン」では、借主の故意・過失による傷や通常の使用方法を超えるような使用による傷などは、借主が負担しなければならないと記載があります。具体的には、引っ越し作業の際にできた引っかき傷や、冷蔵庫などのサビを放置したことによる床の汚れなどが、借主の負担ということになります。

反対に貸主(家を貸している人)が修繕費を負担するのはどういう場合なのでしょうか?ガイドラインには、通常の使用によって生じる傷は貸主負担と記載されています。具体的には、家具の設置による床の傷や日が当たることによるフローリングの色落ちなどが、貸主の負担ということになります。

まずは、つけてしまった床の傷が通常の使用の範囲といえるかどうかを考えてみましょう。通常の使用の範囲外になりそうであれば、修繕費用は借主負担となる可能性が高いでしょう。

床の傷の修繕費用はいくらかかるのか

それでは、床の傷の修繕費用を自分で負担しなければならないとき、どのくらい費用がかかるのかを確認しておきましょう。フローリングの場合には、傷やへこみの補修だと8,000~6万円が相場のようです。フローリングの張替えとなると1畳で2~6万円、6畳で6~18万円が相場となります。畳の場合には交換が必要になることが多く、1畳あたり4,000~3万5,000円が相場のようです。

また、ガイドラインには「可能な限り損傷部分のみの補修費用となるよう限定的なものにする」と記載されています。そのため、損傷部分を交換したことによる、色合わせのための損傷部分以外の交換費用は、原則借主が負担しなくてよいということです。

賃貸の床に傷をつけてしまった時の対処法

実際に床を傷つけてしまったとき、自分でできることはあるのでしょうか?小さい傷なら自分で修復できないだろうかと考える方もいるでしょう。ここでは床を傷つけてしまったときの対処について解説します。

自分で修復していいの?

まず押さえておきたいのは、賃貸物件の所有者は大家さんであるということです。そのため借りている部屋に関することは、大家さんかあるいは管理を任せられている不動産会社に相談するのがマナーです。もし賃貸物件の床に傷をつけてしまい、自分で修復できそうだと思っても、最初に大家さんか不動産会社に相談しましょう。

連絡を行わず自分で床の傷の修復を行った場合、退去時にむしろ費用がかさむこともあります。大家さんか不動産会社に連絡をして許可をもらってから、自分で修復を行いましょう。ただし、生活する上でついてしまった小さな傷などは、そのままにしておいてよいこともあります。通常の使用の範囲内でついてしまう傷は借主が対処する必要はなく、大家さんの費用負担になることも多いようです。

ホームセンターの補修キットがおすすめ

大家さんや管理会社に、自分で床の傷を修復してよいと許可をもらったら、さっそく修復作業をはじめましょう。フローリングの場合、ホームセンターなどで購入ができる補修用キットがおすすめです。このキットでは、床の色に近い色の補修液を床の傷に埋めることで、補修をすることが可能です。

傷がひどい場合は相談するのがよい

床に深い傷などができてしまい、自分で修復するのは難しいときはどうしたらよいのでしょうか?ここでは大きい傷を放置しておくとまずい理由を押さえつつ、何をするべきなのかを解説していきます。

ひどい床の傷を放置するとどうなるのか

フローリングの場合、傷を放置しておくと傷が広がり、状態がさらに悪くなる可能性があります。また、床の傷からフローリング内に水分が入ってしまい、カビが発生し腐敗が進むことも考えられます。そのため床の傷がひどい場合は、早めの対処が必要となってきます。

さらに悪化する前に管理会社に連絡しよう

大きめの傷ができてしまったら、素人の手ではどうすることもできません。業者に依頼しましょう。しかし賃貸物件は借り物のため、大家さんへ相談せずに自分で業者に依頼することは控えましょう。

まずは大家さんや不動産会社に状況を説明し、傷の対処を依頼しましょう。忙しかったり、修繕費用が高かったりするのではないかと不安で、なかなか連絡できないこともあるでしょう。しかし、床の傷は被害が拡大することが考えられます。状況を悪化させないためにも、なるべく早めに相談しましょう。

 

床を傷つけてしまったら、自分で修復作業をしたり業者を依頼したりする前に、まずは大家さんか不動産会社に連絡をしましょう。通常の生活の範囲内であれば、修繕費用は負担しないでよいケースが多いです。しかし、借主の過失による傷は、修繕費用を負担するケースもあります。早めに連絡をすることで、さらなる悪化を防ぎ費用も抑えることができるため、傷をつけてしまった場合はなるべく早く相談しましょう。

さいたま市(大宮)の賃貸不動産会社の一覧

イメージ
会社名リロの賃貸 レックス大興ハウスコム株式会社株式会社アップル(アパマンショップ)株式会社エイブル株式会社タウンハウジング
1975年創業。2015年に東証一部上場のリログループ入り!何から何まで気の効く業者賃貸に特化したサイトも立ち上げる会社信頼性の高い、有名賃貸不動産業者年間約18万件の集客力を生かした業者
詳細リンク詳細はこちら詳細はこちら詳細はこちら詳細はこちら詳細はこちら

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧
【エリア別】おすすめ不動産紹介