理想的な賃貸物件をお探しの方にさいたま市内の評判の高い賃貸不動産会社の情報をお伝えします!

カインドエステートの口コミや評判

公開日:2020/01/15  最終更新日:2020/01/29

【詳細】

会社名:LIXIL不動産ショップ 株式会社カインドエステート 大宮本店

住所:埼玉県さいたま市大宮区大門町2丁目11

TEL:048-648-8685

営業時間:10:00~19:00

定休日:年末年始・GW・夏季

LIXIL不動産ショップの「株式会社カインドエステート」は、大宮に本店となる店舗を1軒のみ構える、地元密着型の不動産屋です。カインドエステートでは、PRポイントとして保証人不要の物件を取り扱っていることや、引越し業者の紹介などを掲げています。そんなカインドエステートを、もっと具体的に探ってみましょう。

カインドエステートの賃貸物件特集

カインドエステートの公式サイトにて特集が組まれているジャンル別の賃貸物件は以下になります。

<ひとり暮らし向け賃貸>
さいたま市内の、ひとり暮らしに最適な1R~1LDKまでの物件を紹介。

<カップル向け賃貸>
さいたま市の1LDK~2LDKの物件を特集。ふたり暮らしで住みやすい間取りのラインナップになっています。

<ファミリー向け賃貸>
さいたま市内の家族で広々過ごせる2LDK以上の物件を紹介。

<一戸建て賃貸>
さいたま市内の一戸建て物件を紹介。

<ペット可賃貸>
さいたま市内でペット飼育可能な物件の紹介

<敷金・礼金0円賃貸>
さいたま市で新生活を始める方で、初期費用をできるだけ抑えたいという希望に沿った特集。

<駐車場あり賃貸>
さいたま市の駐車場付き物件を紹介

カインドエステートのアドバイス

次に、カインドエステートの物件選びや引越しに関するアドバイスをまとめてみます。カインドエステートが推奨する希望物件の選び方は、まず、こだわり条件をまとめておくことです。以下は基本的な項目となります。

・家賃・共益費などの支払い上減額
・エリア(通勤通学時間や沿線)
・自宅~最寄り駅の距離
・部屋の間取りやスペース
・設備の充実度
・方位・日当たり・風通し・階数
・物件の構造や築年数
・セキュリティや安全性
・周辺環境や利便性

カインドエステートが言うには、アンケートで実際住んでみて不満に思ったポイントの多くは住宅の性能、防音性、収納、日当たりや風通しといった点だったそうです。これらは内見の時点では気付きにくく、実際住んでようやく発覚するポイントなので、不動産屋にこれらも併せて相談しましょう。

Q&A

<手数料額について>
仲介手数料の合計額の上限は賃料1.05ヶ月分相当額として法律で定められています。居住用建物の場合は、貸主借主双方から1/2ヵ月分ずつが原則。ただし依頼者から事前に承諾があった場合はその限りにはならず、一方に1.05ヶ月分を支払わせてもいい、ということもあります。

戦後の物不足や貸手市場の習慣が根付いた関係で、借主が1.05ヵ月分の手数料を支払うことが常識と化してしまいました。しかし最近では、物余りや借手市場にシフトしているため、貸主が「半月分または1.05ヵ月分を出す(借主側の手数料は半月分か0円になる)から、空室を出したくない」という状況になっています。

ただ、手数料が安いのは一見いいことですが、注意点もあります。人気物件だと借主は、手数料を1.05ヵ月分出さなければいけないとして、それでも借りたいと思うでしょう。逆に貸主が1.05ヵ月分負担するという物件は、魅力がいまひとつということもあり得るためです。

他にも、手数料を0円にして借主に売り込み、家賃を少し値上げして元を取るケースも一部あります。このカラクリは、本来の家賃の月額に4%上乗せし、借主に24ヶ月に渡って負担をさせるというものです。

いいサービスであれば手数料を支払うのは当然のことなので、手数料無料などの魅惑的な見出しで動かず、全体的に評価するようにしましょう。

<敷金精算はどうするの?>
賃貸住宅の退去時に、敷金から高額な原状回復費用を差し引かれ、不足分があれば請求されることがトラブルに繋がっているということを留意した上で契約をしましょう。

国土交通省のガイドラインによれば、建設設備の価値は居住の有無に関係なく経年により減少するもので、定められた使い方をしていれば使用開始当初より状態が悪くなっていても、賃貸人に返還してよしとしています。

賃借人が負担する原状回復費用とは、賃借人の故意や過失などによる毀損損耗の復旧費用、としています。また、その費用を賃借人が支払うべき場合でも、貸主が本来負担する経年劣化や自然損耗分を差し引いた金額を負担する、というものです。そのため、経過年数が長くなるに連れ、賃借人の負担額は少ないものになります。

ちなみに賃借人が負担する場合であっても、可能な限りは毀損部分の補修費用相当分としており、補修工事は最低限行える施工単位として、模様合わせや色合わせまでは、その内には含んでいません。

まとめ

カインドエステートに関するまとめは以上となります。

引越し日は平日に選ぶと経済的で、また3~4月や11~12月は繁忙期なので、できれば避けたいところでしょう。空いている時期の引越しは、費用が割安に済むケースが多いです。

また、コレはまだ使えるものだけど持て余しているから捨てちゃおうと思ってもその前に、リサイクルショップに引き取って貰うか、オークションなどで換金するのもひとつの手です。引越しはとにかくお金がかかってしまうので、できるだけ有効利用を試みましょう。

そして、電話についてですが、引越し先で電話回線を引く場合は、電話加入権(回線使用権)を取得することになります。しかし短期の単身赴任といった場合であれば、携帯電話などの回線でこと足りることも考えられます。他にも、電話会社や各キャリアが実施している割引サービスなども調べてみるといいでしょう。

おすすめ関連記事




サイト内検索
【エリア別】おすすめ不動産紹介